60才からのひきこもり貧乏ブログ

仕事を半リタイアし、つましい日々の暮らしを綴っています。

61才で食品工場のラインで働いています。きついです。

若い時から職を転々として、十分に頑張って働いてこなかったので、今になって苦労しています。国民総活躍社会と言え、60歳で退職して退職金をもらい、お金には不自由なく暮らしている人もいます。



人生は、自業自得というか、若いころから老後を考え、頑張って働いて貯蓄をしていれば、年取ってきつい仕事に就くこともなく人生が楽しかったかもしれません。



自分みたいに、将来、もらう年金も少なく、相当切り詰めないと、生活できない人もいて個人差がありますね。自分は、61才なのに貯蓄はないし、今は自給950円の派遣パート生活です。



毎日仕事に行くのが嫌で仕方ありませんが、あと1年働いたら年金の繰り上げ受給をして働かない生活をしたいと思っています。もらうのは7万円くらいで、カツカツの生活です。



自分は、働くのが嫌いです。精神力もなく体力もありません。若いころから辛いことから逃げる生活の繰り返しで、体も弱く力仕事もできませんでした。貧乏百姓の長男として生まれ人間としては末端の人間で、高等な教育も受けていません。



他人から見れば、こんな自分は甘えているだけだと思われムカつくだけかもしれませんが、どうしても人並みにはなれません。性根が腐っているからです。







親を恨んでいます。

自分は、親を恨んでいます。



なぜならば、この世に生を受けさせたから。。。。



醜い自分の体が、恥ずかしい。



生まれてこなければこんな思いはしなかったのに・・・・



いつも、ひけ目を感じて人目を避けてきた人生。



いいことなんてありません。



生まれてこなければ良かった。



親の持つ最悪の遺伝子で、生まれてくる子供が、どんな悲惨な人生を歩もうが、考えもしないで、子供を作ることだけは、人並みで、、勝手に自分を作った「親を恨みます。」




ゲームでは楽しめない。

時間があれば、ゲームをして楽しむ人は結構いるみたいですね。自分は、ゲームをしてもただ疲れるだけで、一切面白いと思えません。



楽しみを楽しみと感じないのは不幸ですね。ドライブも嫌い、カラオケも嫌い、人とのおしゃべりも嫌いなんです。



若いころは、こんなんじゃなかったのです。ドライブもカラオケも体を動かすことも好きだったのに、同じ人間とは思えないくらい趣味嗜好が変わってきています。



老人性のうつというのは人間の機能が低下すると、引け目を感じて陥るのかもしれませんね。



妻が仕事を辞めてしまったので、家計収入が減ることになります。人のことは言えないですが、妻は頭が悪く愚痴っぽくて「どうしてこの女と結婚したのかな?」と思うこともあります。



妻には聞いたことがありませんが、妻も自分に対してそう思っているかもしれません。お互いを軽蔑しながら生活しているのです。



しかし、泣くも笑うも縁です。この人と正式に婚姻届けを出して、死ぬまで添い遂げようという境遇になったのが不思議です。



自分も仕事が嫌いで、今の仕事も辛くてすぐにでも辞めたいとでも思っていますが、家計を考えるとそうもいきません。



このブログは自分の思いを愚痴にして、自分勝手に外に発散しようとしているナルシスト的わがままブログなので、読まれてる方には「ごめんなさい。。!」」です。



でも、まだまだ自分の本音を書いていません。恥ずかしいのか取り繕ってしまいます。本音を書けるようにをなったら、もっとブログが楽しくなるでしょうね。


副業について

FXは、辞めてしまいました。損切を500pipくらいで設定するとストップ狩りに合って売りポジであろうが買いポジであろうが、一瞬にしてポジションを失い、今まで慎重に蓄積してきた利益が水の泡になるのが馬鹿らしく感じてしまったからです。



FXは、普通に投資をするような感覚では損をするだけです。



ライティングですが、疲れる割には単価が安くて大変です。でも、安くても自宅にいながら確実にお金を稼げる点ではいいかなと思います。今月は、今のところ3記事しか書いていなくて、稼ぎは、540円です。半年くらい前までは、月に100記事から200記事くらい書いて収入が15.000円から20.0000円くらいありましたが、これも労力に見合わない収入に馬鹿らしくなってしまいました。



ポイントサイトもやりますが、月に500円から2.000円程度で子供のおこづかいです。



本業も含めて、なんでもそうですが、お金を稼ぐとは、並大抵ではできないのが本当のところです。生きることは修行だといいますが、苦しい仕事をして、複雑な人間関係を乗り切らなくてはならないのだからそうかもしれません。



仕事はしたくないです。しかし、現状は仕方なくしています。破天荒とかワイルドとかには小心者でなれません。もともと、ぐうたらな人間なので努力や忍耐が苦手です。



今の唯一の楽しみは、飼っているカメを見ていることです。







老いて気力がなくなると、歳月の過ぎるのが遅い。

個人差はあるでしょうが、自分が老いたと認めてしまうと体も心も失速してしまいます。自分は、そろそろ61才になりますが、その典型で若さなどみじんもありません。



自分と同年代やもっと上の年齢の方でも、とても快活で若さがみなぎっている人もいます。自分は、そうゆう人に遭遇すると恐れを感じ、そばに寄りたくありません。



60才過ぎてから、気力が無いせいか一日がすごく長く感じます。一日が長すぎて疲れます。24時間が30時間にも48時間にも感じます。何もしたくない上に、何かしても苦痛で楽しくないので「ぼー」としていることが多くなりました。



仕事の休みの日などは、昼間からベッドにもぐりこみ、本をすこし読んでみたりラジオを聴いたり、半分寝たきりのような生活になってきました。



このような生活習慣は良くないのはわかっていますが、底辺の人生を過ごしてしまった自分に対して自分勝手に自暴自棄になっているのもあるのです。自分は、精神力と身体的能力は最低レベルなのです。



一度しかない人生だから、精一杯生きようとは誰でも思うのでしょうが、そうできなかった自分に腹立たしさを感じます。具体的な例を挙げないで抽象的に愚痴を羅列してすいません。



輪廻転生が本当にあって、生まれ変われたなら、「生まれてきて良かった」と思えるような有能な人間に生まれてきたかったです。