60才からのひきこもり貧乏ブログ

仕事を半リタイアし、つましい日々の暮らしを綴っています。

又もや(仕事に行きたくない病)が発症しました。

もう、仕事に絶対行きたくないです。今度の派遣の現場はつらい。食品工場ですが、制約がありすぎるし、ラインなので疲れてしかたありません。



ストレスでアレルギーが発症して、顔と頭が赤くただれて痒くて、掻きむしってしまうので膿が出て見られたものではありません。



60歳過ぎてする仕事ではないです。ここでは、自分が一番の長老です。ここは昔からブラック企業だと言われ、ここの内情を知っている人は、募集しても働きには来ないようです。新しく入っても、すぐに辞めてしまうそうです。



自分はここで働いて一か月半になりますが、もう二人の従業員が辞めました。自分も根性などないので逃げ出したいです。



調子にのって、この仕事を受けたのが間違いでした。今は、辞めようと思っているのに人がいないので辞められない状況です。



月曜日から又仕事です。いやだ、いやだ、行きたくない。




仕事を変えたら、うつ病が回復したみたい。

約2年前に葬儀屋の仕事で疲れきっていましたが、辞めて派遣の仕事についてから自分の表情が明るくなった気がします。



家に帰ってきても妻とも一言もしゃべらず、職場の同僚ともうまくいかず、人間を信用することさえできませんでした。



自分で言うのもおかしいですが、葬儀屋のころは、眉間にしわを寄せ、苦虫をかみつぶしたような顔をしていました。葬儀屋は、葬儀を何軒もかけ持ちさせられ、「人間にとって一度きりの大イベントなので間違いは許されない」と教え込まれ、相当のプレッシャーを感じていました。



収入は少なくなりましたが、葬儀屋を辞めて正解でした。



派遣の仕事は決して楽な仕事ではありませんが、紹介された現場の仕事が嫌なら辞めて違う現場に移ることもできるので気が楽です。自分は、葬儀屋を辞めてから一社の派遣会社で働いていますが、約二年近く経ちますが、現場は4現場を経験しています。



今は、悪徳派遣業社は、法改正によりなくなってきているので、ブラック企業みたいな、とんでもなく過酷な現場はありません。労災、雇用保険、社会保険にも加入しています。自給的にもハローワークで募集しているパートの時給よりも高いです。



60歳を過ぎると、働きたくても仕事が極端になくなり、直接雇用ではまず見つかりません。派遣を使うクライアントの企業も、忙しい時期だけ派遣を使用できるので経費の節約になるのです。



自分は、一つの現場は、忙しい時期は週に3日、暇なときは週に2日のローテーションで葬儀屋を辞めてからずっと勤めていますが、これにプラスして週に2日違う現場の仕事が増えてフルタイムの期間が三か月くらいあったり、月に一日だけの仕事を頼まれたりします。やりたくなければ断ることもできます。



週に2日しか働かない時期は暇で暇で、困ってしまいますが、現在は週に4日の勤務なので理想的です。60歳を過ぎて、あまりにも過酷な労働はしたくありません。



過酷な労働条件で仕事をして、体や精神に支障をきたすなら、その人にとって、その会社はブラックなので辞めた方がいいと思います。



就職難でやっと仕事にありついたとしても同じことです。生き方はいろいろあります。


今日の稼ぎは120円です。

久しぶりにライティングをやってみました。600文字の案件を仕上げて120円稼ぎました。時間は30分かかりました。自給にすればものすごい安いです。



以前は、毎月150~200記事くらい書いて、15.000円~20.000円くらい稼いでいましたが、案件によっては1文字0.2円と単価もどんどん落ちてきて、嫌気がさしてライティングから遠ざかっていました。



金を稼ぐのであれば、外に出て汗水たらしたり嫌な思いも辛抱したりして、勤めるのが一番効率の良いやり方ですが、引きこもりはそうもいきません。



自宅で、それなりに稼ぐなんて人並み以上の特殊能力がないと無理ですね! 自分は、なぁ~んにもないくせに、努力は嫌い、楽をしたい、めんどくさいことは嫌では、人並みの生活なんてできるはずがありません。



「わかっちゃいるけどやめられない」の歌のようです。



最近、年のせいか疲れて仕方がありません。ガンにでもなったのかと思うほど異常に疲れます。



あと自分の寿命はどれほどあるのでしょうか? 苦しまずに死にたいですね。




タバコをやめたらキレやすくなった。

タバコは今年に1月から禁煙して吸っていません。今でも、吸いたいと思いますが、お金がないので吸えないのです。


タバコをやめてみて思うことは、なぜか怒りっぽくなった気がします。かっとするというか、癇癪を起すという感じです。高齢者がキレるとか言われていますが、自分も60歳を過ぎてみて脳の感情の制御機能が弱ってきているのかもしれません。


やはり、タバコは精神的な安定剤であったのでしょう。喫煙しているときは、血圧は、上が160、下が95くらいあったのが、タバコをやめてから、上が145、下が80くらいに下がったのは事実です。

仕事でも、派遣の同僚の若い奴らが、あんまり仕事をしないので、むかむか腹が立ってしてしまうこともあるのです。
たまに、顔に出して怒ったりしてしまうので、自分は近寄りがたい存在で煙たがられています。
若い子でも一生懸命仕事をする子もいれば、話ばかりしていて、さぼってばかりしている奴もいて頭にくるのです。

年寄りが頑張っているのに、そばにいて見て見ぬふりをして、言わなければ手伝いもしない奴らは本当にバカ者です。それも分別のわかる30代、40代だと情けなくなります。こういう奴らは短期で辞めてしまうのがほとんどですが、教えるのが労力の無駄に思えます。

うまくコミュニケーションが取れず、話下手で指導能力のない自分には、職場の人間関係は、いつも悩みの種です。

自分の、人間不信で人間嫌いで人間恐怖な人格ができてしまったのも、コミュニケーション能力のなさからきているのです。

気が狂いそう!

頭の中が、不安感と虚無感で、何もかもが、もう駄目だ、となりそうで気が狂いそうです。

普通の人間よりも劣る知能と行動力を他人に悟られないように自分は生きているのですが、化けの皮はすぐに剥がれてしまいます。

生活力もなく、体力も気力もなく、慈悲深い心とて持ち合わせていません。
それゆえに、魅力のない人間になり、腹を割って話し合える友もいません。
他人に軽蔑されたり、無視されたり、馬鹿にされたくなくて、本心を隠し、弱みを見せるのも嫌いです。
ですから、自分は人から見ればどっちでもいい人間で、人間的魅力が欠乏した物体です。
どうしてこんな性格で生まれてきてしまったのか悲しいとしか思えません。
性格が悪いのに容姿までも悪く、頭までも悪いなんて耐えられません。

晩年に至って、遺伝と生まれた環境を、勝手ながら、ものすごく恨みます。

生きていくのはつらいことだらけで、いいことなんてありません。
つまらない人生です。